悪化する!やってしまいがちなNGニキビケア


1日に何度も顔を洗う

毛穴が詰まって炎症を起こしてしまったニキビ。「とにかく清潔にして早く治そう!」と、1日に何度も洗顔したくなってしまいますが、これはNGです。

皮脂で毛穴が詰まってしまうとニキビができやすくなるものの、これを取り除こうと思って頻繁に洗顔をすると、肌に必要な油分まで落としてしまいます。そうすると、皮脂の分泌が活発になるので、ますますニキビができやすい肌に。

べたべたするから保湿しない

「べたつくといけないから保湿はしない」「さっぱりとした化粧水だけ使う」という発想もNGです。炎症を起こしたニキビは、皮脂によってべたついていることが多いので、どうしても「油分を与えないようにする」と考えがちになります。

健康的な肌とは、適度な水分と油分が含まれている状態なのです。洗顔後の肌は水分や油分が奪われ、乾燥状態になっているので、しっかりと保湿をすることが大切です。バランスの乱れたお肌は、皮脂の過剰分泌を招いてしまうので、ニキビが悪化する原因となります。

早く治したいからニキビを潰す

絶対やってはいけない、でもやりたくなるのが「ニキビを潰す」こと。化膿してぷっくり膨れ上がったニキビを潰すことによって、中の膿が外に出てくれます。一見、ニキビが治まったように思ってしまいますが、これは完全にNGです。

ニキビを無理に押しつぶすことで肌が傷つき、「ニキビ跡」として肌に残ってしまう可能性があります。何度も繰り返していると顔中傷だらけになり、ニキビが治ってもニキビ跡で悩むはめに。

よかれと思った方法が、逆に悪化させる原因にもなるので注意が必要です。

ニキビ跡が気になる時は病院で検査を受けて仕組みを確かめ、医師の指示にしたがってケアをする必要があります。