自己処理を続けても大丈夫?サロンに通うメリットとは?


自己処理の危険性とは

自己処理とはカミソリ、シェーバー、毛抜きを使ったお手入れのことを指します。その効果はほんの一時的なもので、夏など肌を露出する季節には毎日処理しなくてならず、かなり面倒な作業と言えます。

家で自分で処理できるので手軽ではありますが、続けていると肌にダメージを与えるだけでなく毛はどんどん濃く太くなっていってしまうのです。

自己処理で多いトラブル

まず自己処理で1番多いトラブルは、肌あれや乾燥、黒ずみなどの色素沈着です。自己処理を繰り返している肌は角質層がダメージを受けており、バリア機能が低下するので肌が乾燥していきます。乾燥した肌は刺激を受けやすく、メラニン色素が活発になり色素沈着を起こしてしまうのです。

次に多いトラブルは、埋没毛です。これは毛抜きで無理矢理毛を抜くことで起こります。無理矢理抜かれた後の毛穴は傷付いており、それを修正しようと身体は毛穴に薄い膜を張るのです。傷口にカサブタができるようなものです。この薄い皮の下から生えてきた毛は、外に出ることができず、中で丸まって生えていきます。これが埋没毛です。

毛穴の下で細菌感染を起こすと炎症を起こし、毛嚢炎にかかってしまうこともあるので要注意です。

脱毛サロンに通うメリット

脱毛サロンは、昔は費用が高く痛みも伴うイメージが強くありましたが、現在は痛みもなく、誰もが通えるお手頃な値段設定になっています。また何より、肌に優しく、脱毛効果はほぼ永久なのです。

2、3年という期間は必要となりますが、何十年も自己処理を続けていく煩わしさを考えると、毛根から毛を処理して、すべすべ素肌を手に入れた方が賢い選択と言えるでしょう。

脱毛の料金は脱毛エステと医療脱毛で料金が違います。それは使用している脱毛機が異なるからです。脱毛エステは光脱毛機、医療脱毛はレーザー脱毛機となります。脱毛効果はレーザー脱毛機の方が高くなっています。