不快なほくろは美容外科で取れる?ほくろの仕組みと体への影響を学ぼう!


ほくろが出来る原因と体への影響

ほくろは皮膚上に形成される色素沈着の一種です。皮膚細胞に含まれる色素が特定の部分に集まり、色が濃くなった状態を指します。また、ほくろは狭い範囲に色素が集中しているので皮膚が固くなり、色が濃い部分が膨れるのが一般的です。ほくろは日焼けや病気による肌トラブルに見舞われると形成されやすくなります。また、人体であればどこにでも出来る可能性があるので自分でも気づかない内に新しいほくろが形成されることも珍しくありません。

ほくろが出来ても体調が悪くなることはありませんが、過度の刺激を与えて傷を作ってしまうと出血や細菌感染による炎症などのトラブルに見舞われることがあります。また、稀にガンなどの重大な疾患の症状としてほくろが出来るケースがあるので、変色や痛みなどの異常があるほくろの場合は速やかに医療機関で検査を受けることが必要になります。

ほくろ除去の方法とスキンケアの必要性

ほくろは表皮に出来る色素沈着の一種なので、美容外科などの医療機関で除去治療を受けることが出来ます。ほくろの除去は対象の部分を切除する他、ほくろの大きさや場所によっては色素を分解させる薬剤を注入することもあります。ほくろ除去は見栄えを良くする審美治療の一種なので費用の全額を患者が負担するのが普通です。その一方で治療費は医療機関が自由に設定出来ることから、予算と治療内容を照らし合わせて受診するのが満足出来る結果に繋がります。

また、ほくろ除去は治療した部分のスキンケアを丁寧に行うのも綺麗に仕上げるための条件です。治療方法によっては皮膚をえぐった形状で跡が残るので、皮膚細胞の再生処置など美肌治療を併せて行う必要があります。

皮膚科で行うほくろ除去には、複数の方法があります。除去方法によって保険が適用できるかどうかが決まるので、施術前に医師に確認するといいでしょう。