シミを消したい!セルフケアで消すことはできる?


あなたのシミはどんなシミ?

肌に所々薄くできてしまった茶色いシミを見るとがっかりしてしまいますが、できたものは全て同じというわけではありません。シミにも種類があるので、セルフケアで薄くしていけるものもあれば、クリニックでの治療が必要なものもあります。普段のスキンケアで対処ができるシミは、老人性色素斑、炎症性の色素沈着、肝斑です。主な原因は紫外線やストレスなどでホルモンバランスが崩れたり、時には酷いニキビの跡としてできたりします。クリニックで診てもらう方がいいシミは、そばかすや脂漏性角化症、花弁状色素斑です。こちらも紫外線などが原因ですが、スキンケアだけでは中々改善できないのが悩みの種です。まずは自分のシミの種類がどれに当てはまるのか、じっくり良く見て対処していきましょう。

どんな風にケアすればいい?

セルフケアでできることは、美白成分が含まれた化粧品を取り入れて使っていく事です。ハイドロキノンやアルブチン、ビタミンC誘導体などが含まれているものを探して使ってみて下さい。週に1~2回ほどピーリングも組み合わせる事で、肌のターンオーバーを促していきます。体の中からも綺麗にしていくために、ビタミンたっぷりの野菜や果物を中心に食べるのも効果的です。色の濃い緑黄色野菜には抗酸化作用のあるβカロチンなども多く含むので、積極的に食事に取り入れたい食材です。クリニックでは主にレーザー治療を中心に行いますが、必要な回数や期間は違ってきます。幾つかのクリニックで相談して、通いやすいところでシミ治療をしましょう。

シミはメラニンという色素が沈着して顔などにできる斑点のことです。紫外線や、ホルモンバランスの崩れが原因で、顔だけではなく紫外線を浴びやすい頭部や手の甲などにも発症します。