どんな習慣が髪を育てる?生活習慣と育毛方法


育毛の邪魔をする悪い生活習慣

髪の毛の薄さが気になる、抜け毛が増えたと言う場合、すぐにできる対処方法が生活習慣の見直しです。生活習慣が悪いと髪にも大きな悪影響があり、抜け毛が増えたり、毛が細くなってしまうことなどにつながります。
頭皮に悪影響のある生活習慣としてあげられるのが、不規則な生活、偏った食事、ストレス、喫煙などがあげられます。不規則生活で睡眠不足になりがちだと自律神経が乱れてホルモンバランスも乱れてしまいます。偏った食事は栄養バランスが悪いことで髪の毛を育てる栄養がなくなってしまったり、頭皮環境を悪くします。ストレスも自律神経を乱し、喫煙は血管を収縮させて血行を悪くして頭皮に酸素や栄養を運びにくくします。
何気なくやっている習慣が育毛の邪魔をしてしまうのです。

育毛するための生活習慣

育毛するためには、悪い生活習慣を見直していくことが大切です。
不規則な生活はやめてきちんとした規則正しい生活でしっかり睡眠をとる、どうしても不規則になりがちなら出来るだけ睡眠の質を良くするように心がけます。
食事もインスタント食品やファストフードなどの食事ではなく、きちんと栄養バランスを考えて食事をしていきます。特に髪の毛を育てる亜鉛や良質なタンパク質、ビタミン類なども意識して食べていくことがポイントです。
ストレスもできるだけ溜めないようにしていきます。運動などでストレスを発散させることで血行も良くなり、育毛につなげることができるようになります。
喫煙も、育毛のためだけではなく健康のためにも禁煙することがオススメです。

育毛」とは『いま生えている毛を、太くてしっかりした長い毛に育てる』ことです。そのためには、タバコを控える、十分な睡眠をとるなど生活習慣の改善をして、毛根や毛乳頭のはたらきを良くすることも大切です。