3カップアップも夢じゃない!?シリコンバッグ挿入法の魅力を知ろう


シリコンを入れてバストアップ

豊胸手術には色々な施術法がありますが、場合によっては3カップ程度のバストアップも夢ではない方法もあります。その方法とは「シリコンバッグ挿入法」です。シリコンバッグ挿入法はいわゆる人工シリコンをバストに挿入し、ボリュームアップやバストの形を整えるという効果を発揮する豊胸手術です。身体にメスを入れる手術を受ける必要はあるものの、とのかくバストアップしたい!という人に向いています。

効果は一生続くのが魅力

シリコンバッグ挿入法の魅力は「1度手術を受けたら、効果は半永久的に続く」という点です。シリコンは身体に吸収されない素材で作られているので、どれだけ時間が経過したとしてもバストのボリュームがダウンするということはありません。脂肪注入法はヒアルロン酸注入法といった、注入系の豊胸手術は時間が経つとサイズダウンしてしまうこともありますが、シリコンバッグ挿入法ならずっとバストサイズをキープできるのです。

最近のシリコンは進化している!

シリコンバッグ挿入法で使われるシリコンは、どんどん進化をしています、古いタイプのシリコンは破損して中身が漏れ出してしまう危険性があったり、触り心地が硬いなどのデメリットがありました。現在、多くの美容外科クリニックで使われているのは、ソフトコヒーブシリコンというシリコンです。ソフトコヒーブシリコンは事故などで万が一、破損しても中身が漏れ出すということはありません。さらに手触りも自然なバストと同じ感覚に近づけて作られているので、豊胸手術後もナチュラルなバストをキープできます。

豊胸手術は、数万円や数十万円で行う事が出来ます。手術をした後のメンテナンスも大切なので、病院に行って傷口の確認などを定期的に実施しましょう。